ハゲのモテ術

30歳を過ぎるとヒゲが濃くなる!原因のジヒドロテストロンを抑えるには!?

こんにちは。薄毛系男子ルフ(@rufurufu33)です。

ヒゲの濃いおじさんは好きですか?

どちらかというとヒゲが似合う顔だちなのですが、アゴヒゲと鼻の下のヒゲだけだったら、いいかもしれません。

しかし、これ以上ヒゲがある顔にはなりたくないのはあります。

例えば、顔の頬だけではなくて、もみあげの部分にまでヒゲがあると、一気に老けて見えますしね。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
正直言って、無精髭のようになっていると、男から見てもはっきり言ってキモいですね。

しかし、ヒゲが濃くなっていくのは、男として逃れらないのです。

そこで今回は、ヒゲ濃くなるのが怖い若ハゲ男子に向けてやっておくべき対策についてご紹介したいと思います。

ヒゲが濃くなる原因:ジヒドロテストロン

男性ホルモンが大きく関係しています。

男性ホルモンの中でも、ジヒドロテストステロンが関係しています。

このジヒドロテストロンは5αリダクターゼがテストステロンと結びつくことにより、DHT(ジヒドロテストロン)が分泌されます。

それによって、ヒゲを初めて胸毛のようないわゆるムダ毛が濃くなるようなんですよね。

ちなみに、このDHTはヘアサイクルに異常をきたし、AGAの原因にもなりますので、いわばおじさんにとって、このDHTは見た目を老けさせる根本的な原因になります。

5αリダクターゼ+テストステロン→DHT(ジヒドロテストロン)

このDHTを40代以降に抑えるためにも、早め早めの対策をしていく必要があるのです。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
年齢には勝てませんので、地道な努力が必要です。

ヒゲを濃くなる原因を取り除こう

ヒゲを濃くしないためにも、原因を知って、対策をしていくことが大切なんですよね。

ヒゲが濃くなる原因というのはジヒドロテストロンですので、その分泌をどうやって抑えるかが大切です。

生活習慣を見直そう

やるべきことは、この3つです。

  • 十分な睡眠
  • 栄養のある食事
  • ストレス対策

これは、若ハゲ対策と同じなので、もうすでにこのブログを読んでいる人にとっては目新しいことではないですよね。

こうした生活習慣を見直すことは、AGA対策になるだけではなくて、ヒゲが濃くなる原因を取り除くこともできます。積極的に取り入れて、体質から改善していきましょうね。

抑毛ローションを使用する

抑毛ローションの主な主成分として使われているのは、「イソフラボン」です。

イソフラボンは大豆に含まれている成分なのですが、この成分が含まれている抑毛ローションを使用することで、ヒゲが伸びていくのを抑えることができるんですよね。

やはり、ヒゲ剃りを毎日行うことによる肌へのダメージは想像以上です。

ずっと続けることによって、顔がヒゲで青くなってしまうことは避けれません。

だからこそ、こうした抑毛ローションを使用してヒゲを剃る回数を減らすことが大切です。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
抑毛ローションは薬局で見つかりますので、探してみてくだいね。

ヒゲ脱毛をうまく活用しよう

ヒゲ脱毛をすることで、ヒゲを剃ることを忘れたり、ヒゲを剃ることによる肌への刺激を減らすことができます。

ヒゲ脱毛には、光脱毛・医療レーザー脱毛・美容電気脱毛の3種類がありますが、個人的にオススメなのは医療レーザー脱毛です。

【メンズサポートクリニック】であれば、分割での支払いも可能ですし、¥48,000〜の価格で1年間回数無制限で受けることが可能です。

毎日、剃る時間を節約できるだけではなくて、剃り残し・剃り忘れのリスクや、肌への刺激を考えると、¥48,000〜でツルツルな肌になれるなら安いものですよね。

分割での支払いもできますので、ぜひ活用してみてください。

▼分割なら月々¥3,100~▼
\ 1年間無制限/

メンズサポートクリニックはこちら

まとめ:ヒゲが濃くなる前の対策を

男にとってヒゲが濃くなるという状態は切っても切れないものです。

そうした現実を受け入れた上でどのように対策していくのかを、しっかりと考えていくことが大切です。

お金に余裕があるのであれば、お手頃な脱毛サロンも増えていますので、探してみるのもありです。

地道に対策をして、歳を重ねてから後悔しないようにしましょうね。