AGA治療

20代で若ハゲに悩み続けるのは人生のムダ!今治療しないと一生後悔する

こんにちは。薄毛系男子ルフ(@rufurufu33)です。

ハゲで辛い日々を送りますか?それとも、髪がフサフサで楽しい日々を送りますか?

正直、AGA治療にはお金がかかります。

おそらくAGA治療に躊躇している人の多くは、「こんな大金をかけてまでハゲを治すべきなのか」という葛藤にかられているはずです。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
賞与をAGA治療に使える?

以前、服用していたプロペシアのジェネリック薬であるフィンペシアでさえ毎月5,000円程度でした。

この治療薬を服用したおかげで若ハゲから脱出することができて、彼女ができましたし結婚もできました。

また、僕が服用しているザガーロは毎月8,000円ですし、AGA専門クリニックを利用して、効果のある治療を行うとすれば毎月30,000円以上はかかります。

社会人として働いているとはいえ、安い金額ではありませんよね。

しかし、僕はお金をかけてでもハゲは治した方がいいと思います。

僕自身若ハゲ治療に使ったAGA治療薬・育毛剤・シャンプー等の費用を合算すると軽く100万円はこえていると思っています。ただ僕自身全く後悔をしていませんし、むしろ治療して良かったと思っています。

そこで今回は、そこまでの大金をかけてまで治療する価値はあるのかと考える若ハゲに向けて、なぜAGA治療はお金をかけてもしたほうがいいのかについて書いていきますので、参考にしてみくださいね。

▼LINE @開設▼
\無料特典あり/

無料で LINE @に登録

ハゲに悩んでいる時間は取り戻せない

よく、もう若くないし…と口癖のように、おじさんがいますが、これだけは言えます。

今が一番若いのです。

この時間はもう戻ってはきません。

それだけではなく、若くしてハゲに悩んでいるという事実を受け入れることは、非常に辛い作業です。第一に、歳を重ねれば、自ずと周りでハゲている人は増えてきますし、その時になったら自然と受け入れられるはずでしょう。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
時間をかけて治しても恋愛で楽しめる時間なんてかぎられます。

そんな作業は後にして、若い時にしかできない恋愛や遊びをとことん楽しむ時間を作ったほうが、絶対にいいのは間違いありません。

22歳の時にハゲに悩んだとして、30歳までの間の8年間、若ハゲに悩み続けて自己否定に苦しめられた日々に耐えられるでしょうか。言ってみれば、華の二十代で、これからの人生で一番大切な時と言っても過言ではありません。

その時期に、若ハゲに悩むことに時間を取られることほど無駄なことはないのです。

そうした日々を過ごさないためにも、若くて代謝の良い時期に、お金をかけてAGA治療を始めることが一番いいのです。

 

▼LINE @開設▼
\無料特典あり/

無料で LINE @に登録

ハゲに悩む気力を違うことに集中できる

何かに悩むというのは、意外とエネルギーがいるんですよね。

しかも悩む内容がハゲだと、何も生み出しませんし、むしろこのエネルギーがストレスに変わっただけだとすると、本当に無駄な労力です。

言ってみれば、悩むだけ無駄というのはこのことなのでしょう。

一方で、AGA治療を始めたことによって、若ハゲから脱却したのであれば、どうでしょうか。例えば、それがAGA治療薬を飲んでいて、効果が目に見えるような形で、みえてこれば、このハゲに悩む労力を勉強や自己投資といった違うことに使う事ができるんですよね。

これって、人生において本当に大きいことじゃないかなって思います。

クヨクヨと悩んでいる間に周りのライバルは筋トレしたり、英語を勉強し、はたまたモテるために、ナンパ力を磨いたりして男磨きを頑張っているんですよね。

薄毛系男子ルフ
薄毛系男子ルフ
モテ男であっても努力はしています。

モテ男たちが人生を謳歌している最中に、ただひたすらハゲに悩む…これでは、全く追いつけませんし、むしろ歳を重ねれば重ねるほど、チャンスは減っていきます。

正直、僕自身、若い頃に一度AGA治療をしていたからこそ、離婚は経験してはしまいましたが、結婚を経験し、自分を高めることに労力を割くことができました。

若ハゲに悩んでいる人は、エネルギーをハゲにとられていることで、やる気のすべてがそぎ落とされてしまっているんです。

こんなにもったいないことって、ないのではないでしょうか。

まとめ:若ハゲに悩むのは人生のムダ

せっかくの若い時期を若ハゲに悩んで過ごすことで、何が生まれるでしょうか。

後から振り返っても、何も思い出せませんよね。

なぜなら、若ハゲという無駄なことに悩んでいたからです。そんな人生を過ごしたくないと少しでも感じるのであれば、AGA治療をお金をかけてでも始めることを、オススメします。

毎月、約30,000で治療するといってもこれが一生続く訳ではなくて、1年程度続けることによって回復していきます。

ただし、これは個人差がありますので、納得いくところまで回復したのであれば、一旦薬をプロペシアだけにするといった処置も可能なのです。

若ハゲをお金をかけて治療し若い時期を謳歌するか、はたまた、若ハゲに悩み若い時期を無駄にするのかは、自分次第です

▼LINE @開設▼
\無料特典あり/

無料で LINE @に登録