ハゲのモテ術

幸せな再婚をするためにもまずは女性との出会いの数を増やすべき

こんにちは。離婚から立ち直ったルフ(@rufurufu33)です。

次こそは良いパートナーを見つけたい。

離婚経験者で再婚を希望する人であれば、誰もが願うことではないでしょうか。

そのため、新しい出会いに恵まれたとしても、前回の結婚で失敗し、痛い思いをしたからと、相手へのチェックが厳しくなりがちです。

そうして慎重になればなるほど、年月だけは経過していき婚期を逃してしまい、最悪一生1人で過ごさないといけないという未来が待っているかもしれません。

こうした悲劇を生まないためにも自分自身を客観的に見つめると同時に、相手に対しての譲れない点と妥協点を洗い出してみるとよいですね。

洗い出した理想像のお相手を見つけるために必要なのは、まず、女性に出会う数を増やすことです。

たとえ、理想像が定まったとしても母数:出会う総数が少なければ、確率は高まりませんよ。

目標は3ヶ月に10人以上の新しい出会い

pexel

最終的なゴールは結婚をして幸せな結婚生活を送ることです。

なので、楽しいだけの恋愛をしている場合ではありません。

良い相手が見つかって楽しく過ごせていたとしても、両方に結婚願望がなければ結婚という最終ゴールにたどり着くことは難しいです。

39歳以下の未婚の男女に結婚願望について調査したところ、約16.8%が「2~3年以内には結婚したい」約14.6%が「直ぐにでも結婚したい」という結果になっていて、結婚したい理由の約60%は「家庭を持ちたい」という理由なのだそう

それを考えてみると、

[理想像に当てはまる×2-3年以内、または直ぐにでも結婚したい]

というのが、僕らが見つけるべきお相手になります。

理想の相手に出会う確率が30%だと仮定して、単純に計算してみると、3ヶ月に10人に新しいお相手に出会ったとする。10人×30%(理想の相手)×16.8%((2~3年以内には結婚したい)+14.6%(直ぐにでも結婚したい))=0.9人

0.9人ということは、少なくとも3ヶ月以内に10人以上の新しい相手に出会わなければならないということになります。

結婚するまでに最低3人以上とお付き合いする

pexel

36.8%の法則というのをご存知でしょうか。

「自分にどのような相手が合っているのか」また、「どういう付き合い方をしたらいいのか」は、思考を巡らせているだけではわかりません。自分が理想とする相手を知るためには、恋愛をしてお付き合いしてみるしかありませんよね。

大抵の人は付き合っては別れを繰り返していくうちに、相手に求める理想像や付き合い方がわかるのではないでしょうか。

この36.8%の法則というのは、その経験を元に4人目以降お付き合いした人の中で過去の3人を超える相手であり、「この人しかいない」と思えるのであれば、迷いなくその相手と結婚することで幸せな結婚ができるというものです。

結婚してみなければわからないと思われる方もいると思いますが、離婚経験者だからこそ言えるのは、パートナー候補の方に対して「なんか違うな・・・」っていう、違和感を少しでも感じたらその方との結婚はやめておいたほうがいいということです。

なぜなら、その違和感は結婚をしてからもずっと引きずります

こうした違和感は感じたとき、気持ちを切り替えられるかどうかが、自分の理想とする相手と幸せな家庭を築くための大きな分かれ目になってきますが、気持ちを切り替えたあとにまた新しく出会うことができるのかといった不安はつきものですよね。

理想の相手に出会うため、僕がやっていること

pexel

こうした考えを元にして、離婚経験者の僕はマッチングアプリで出会いの数を増やしています。

「アプリを使った出会いって怖いな。。。」

って思っていましたが、周りに聞くとマッチングアプリで出会って結婚したカップルが増えているので、思い切って初めてみました

まだ始めたばかりで「どのようなプロフィールを作ったらいいのか」だったり、「アイコンはどんな写真がいいのか」といった試行錯誤を繰り返している途中です。

アラサー離婚経験者が色々使ってみて、「使いやすいな」って思えたマッチングアプリはこの二つです。

・With
・タップル

使用している人のほとんどは20代前半だと言われますが、30代前半までであればユーザーが多い印象でした。本人確認をしなければ機能を拡張できないということもあり、実際にマッチングして何名かとカフェで話したり、食事をしたりと全くサクラがいないので、安心して使えるのもこのアプリの特徴です。

まずは理想の相手を見つける前の準備として、気軽に女性と会話して会話スキルをあげたり、楽しませるスキルをあげていくために使うのもアリですよ。

すべては理想の結婚生活を手に入れるために努力していきましょうね。

参考:
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/h25/taiko/2_1_1.html
https://www.npr.org/sections/krulwich/2014/05/15/312537965/how-to-marry-the-right-girl-a-mathematical-solution